高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高木さんちの夏休みは8月の14~17日の4日間(少なっ!)
それぞれ実家の名古屋や兵庫はあまりの暑さに親子共々耐えられそうにないと、涼しい長野県内から一歩もでずに過ごしました。
1日、日帰りで伊那の長谷に住む友人宅に遊びに。
324 take
前夜の焼き肉の跡がのこる築百何年の友人宅。
山のわき水を家に引いているのですが、その水の冷たいこと。その水で子供らを水遊びさせていましたが、大人はとてもじゃないけど遊べない冷たさ。
なんだかんだと一年振りでしたが、同じ県内とは思えない別天地でした。

お盆明けの長野、半袖短パンで過ごす季節は終わり秋の気配がでてきました。夜は窓を閉めないと明け方には涼しすぎる風が…
夏は短いなーー



人生初の納品に行ってきました。「細かなデザインは任せる」と大体のイメージとサイズのみの打合せで作製しただけに気に入ってもらえるかどうかが最後まで心配でしたが、大丈夫のようでした。。。

323desk.jpg
床や壁の腰板の色に合わせて着色したのですが、濃くもなく薄くもなく丁度よい感じとなりました。壁から窓までの長さにあわせ部屋にぴったりと納まりました。この辺は既製品にはない強みでしょうか。
壁際のコンセントに干渉しないよう位置合わせした脚部も丁度よく、丁度よく……あっれれれぇぇえ?
コンセントに穴に5mmほど重なりプラグがささらなーーーい?!ノォォォーー!!
鬼目ナットで連結している脚部はそれ以上位置をずらしようが無くやむを得ず脚部を2cmほどかき取り。この辺も既製品にはない強みと言っていいのでしょうか?
念のためと道具一式を持ってきてほんと良かった。塗料ももってきてほんと良かった。融通のきく友人依頼でほんとよかった。

打合せはきっちりと、単品物とはいえ据え置きに近い家具は事前の位置合わせをきっちりと確認。
大変いい勉強となりました。
えらい長く待たせてしまいましたが、4歳の御子息も気に入ったようで良かったです。ほっーー。
今度はこちらも家族を連れて遊びに行きまーす。
家具用コンセントを購入。カウンターテーブルに取り付けます。
320concent.jpg
バラで売ってます。コードは2m分を購入

321con2.jpg
天板に穴をあけネジで固定。茶色の部分がカバーとなっており、これを外すとネジで止められるうようになっています。
天板の厚みが28mmなので下からみるとはみ出てしまうのが今ひとつ。ネットでみると他の商品でもっと薄いのがあったり、カバー部分がスライドして穴をふさげるようになっているのもありました。もっと前から買っておけばよかったのですが、今回は近所のお店で購入可能なこれを使用することに。
天板は茶色に塗装するので色合いも丁度よいです。
友人から頼まれていたカウンターテーブル。完成まであと1歩。
319table.jpgようやく形になりました。
後は細かな箇所のペーパーがけと塗装。
友人宅は床板と腰板が濃い茶色の為、それにあわせこれのテーブルも濃いめの色に仕上げる予定。
どんな感じになるか自分でも楽しみ。

全てナラ材を使用、天板は2mと少しの長さ。結構重量級。大人が寝ても大丈夫。

長野(松本)弁?なのか狭い・きついを『つもい』といいます。
先日作ったガラス戸の建具、上からガラスを落とし込む作りなのですが、これがつもかった。
大小二つのサイズのガラスを入れるのですが、小さい方で試したらスムーズに行ったのですが、大きいサイズ(55×65cm程)は『つもい』。まっすぐ真下に落とせられればいいのですが、少しでも斜めになると角がひっかかり落ちてくれない。ガラスの角をヤスリで削ったりして四苦八苦。
すこしでもつもいと感じたら無理していれず、原因を取り除いてから入れた方がはるかに早く済む、ということをようやく学習しました。


友人から頼まれていたカウンターテーブル。最初に言われたのが2月!4月に入ってから材料を買い、休憩時間や勤務時間後にちょこちょこ作りつづけようやく完成の目途がたった(まだ完成してない…)。
専用に時間を取って集中してかかれば10日前後でできるとは思うのだけれど、1日1時間程度を毎日ではなく時々するようではなかなか進まず。。。
あとは面をとって組み立てて、研磨して塗装して……いやいやまだ結構あるなあ。7月中にできるといいけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。