高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8/19の「次の作品作製 続き」についてコメントを頂きました。
内容的には
1.訓練校の内容について?
2.訓練校での訓練はここでしか学べないものなのか?
3.もしくは独学でできる事なのかどうか?
と、いうような事についてなのですが…学校に入ってまだ4ヶ月半、それまでノミもカンナも触ったことが無い人間、と言うことを前提としてお答えできたらと思います。

まず、1.について。
現在通う訓練校を受験する際に参考したのが、下記リンクです。
http://www.pref.nagano.jp/xsyakai/agegisen/
http://www.mokko.org/
また、トラックバックを頂いている「工房通信 悠悠」さんの
http://blog.artisan.boy.jp/?cid=30673のページに各地訓練校のリンクがありますので、その内容を見比べれば参考になるのではないでしょうか?細かい具体的な内容について知りたいのであればまた教えて下さい。

2と3ですが、ここでしか学べないものかどうか?・独学でできるかどうか?
上記のリンクにあるように他の機関でも学ぶ事はできるでしょうし、方法はいくらでもあるかと思います。独学で可能かどうか?独学でプロの木工家になられた方もいますのでやはり可能なのでしょう。
「工房通信悠悠」さんのプロの目から見た意見というのも詳しく書いてありますので、僕なんかよりもよほど参考になるかと思います。と、言うより現時点ではあまり参考になる事を言えるほど僕には知識も経験もないのが正直なところです。

僕がなぜこの訓練校を選んだかというと個人的な理由になってしまいます。それでも良ければですが…
1.について
太郎さんのコメントを読む限り訓練校に行く事をほぼ決定されているようですが?見学は多分どこの学校でも可能だと思いますので、もしまだであれば一度実際に見ることをお勧めします。詳しい資料ももらえますし、訓練の雰囲気や様子を自分の目で見ることで違ってくるかと思います。僕も去年の今頃見学して決めました。

2.3について
職業訓練校だと失業保険をもらいながら木工の技術を学べる。これが一番大きいです。一年間とはいえ収入のあるなしは大きな違いです。また、そもそも独学でやろうと僕は考えていなかったのでこの質問には正確には答えられません。ですが、現時点で振り返ってもここまでの課程を一から独学で学ぶには初心者の僕にはかなり難しかったと思います(できるとしても相応の時間が必要であり、年齢的にも僕にはその時間がもったいないので)。

アドバイスにはほとんどなっていませんが(見学のススメだけか?)、また何かあればコメントをお願い致します。
スポンサーサイト

お返事ありがとうございました。
これを参考にこれからじっくり考えていきたいと思います。今は学校はどこに行ってらっしゃるのですか?
色々と調べましたが、どこがいいのか全くわかりません。何か違いなんかあるんでしょうか?すいません、何か質問ばかりで。それと受験するに当たって、試験がありますよね?
去年の試験内容を拝見しましたが、はっきり言って全くわかりませんでしたよ。あんな数字見たのは久しくありませんでした。それが今の最大の悩みです。はっきり行ってあれをパスできるとは到底思いません。サカパネコさんはどうでしたか?

2006.08.22 20:56 URL | taro #- [ 編集 ]

参考になればなによりです。
現在、私が通っているのは長野県の上松技術専門校です。ここのOBで個人で木工をやってられる方が多くいる事や、自分自身長野県に6年ほど住んでいた事があり土地勘があること、知人・友人が県内にいること等を理由に決めました。長野県を前提に考えていたので他県の訓練校との違いはわかりません(ほとんど調べていません)。
試験については勉強するのみです(当たり前ですが)。僕は古本屋で数Ⅰの参考書を買って勉強しました。かれこれ10年以上は数学と遠ざかっていたので。時間もないのでこのへんで…

2006.08.22 22:22 URL | サカパネコ #- [ 編集 ]

時間が無いのにありがとうございました。
僕も頑張って勉強します!!!色々とありがとうございました。

2006.08.23 21:25 URL | taro #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/81-0e8beac4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。