高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
梅雨が明けたら晴れの日ばかりが続いています。近所の裏山(?)の風越山(1698m)に登ってきました。快足大家さん夫妻の案内のもと、寮生二人と僕達夫婦。
朝、8時に出発。林道に車を停めまずは結構傾斜のある斜面を登っていきます。元々は採草地であった風越山。頂上付近はその名残もあり草っぱらとなっています。
登り初めて1時間くらいはアカマツ・ミズナラ・ハンノキが続く林を歩いていきます。現在は木が繁っていますが樹種も陽樹のアカマツやシラカバが多く、樹齢もそれほどではなくやはり採草地後の2次林ということが分かります。
道はものすごくキツイ、というほどでもないですが滑りやすく下りの方が大変そう。時々休憩しつつ1時間程でススキが広がる「カヤトの原」に到着。
100kazakosi1.jpg
こんな感じの草っぱら
101kazakosi2.jpg
上松町内が見渡せます。
見晴らしが良い場所ですが、ここが頂上という訳ではありませんでした。ここからさらに30分ほど歩いて頂上へ向かいます。
102kazakosi3.jpg
頂上付近の森
カヤトの原を抜け尾根沿いの道へ。尾根付近からは採草地では無かったようでかなり大きな天然ヒノキが連なります。快適な尾根道の途中、なにも無いところに突然「風越山山頂」の標識と三角点。
あまりに味気なく着いた!という感慨も無く…。さらに15分で展望台とあったのでそこまで行くことにしました。
103kazakosi4.jpg
展望台からの眺め
木々の間に中央アルプスがどどーーんと見えました。正面に見える沢が滑川の沢。左の尾根には木曽駒ヶ岳への登山道があるようですが、かなりきつそう。
ここで大家さんが作ってくれたおにぎりを頂いて休憩。大家さんありがとう!

のんびりおにぎり食べたあと、またまたのんびり下りました。丁度昼12時の放送を聞いた直後に車に到着。計4時間の山登り。斜面はきつめで道も滑りやすいのですが、草原では花もたくさん咲いていて、眺めもよく大きなヒノキ林もあってとなかなか良いコースでした。尾根筋にはカエデも多かったので紅葉の頃にもいいかもしれません。みなさんお疲れさまでした。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/71-abba7848

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。