高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日と同じく機械加工が続きます。
同時に実習場のあちこちで横切り盤・昇降盤・角ノミ盤等が何台も音を立てさらに集塵機が常に動いている。結構、音で疲れます。ほとんど初めて触る機械ばかりなので、常に緊張しているし湿度も高く汗もかき…やー疲れますね。。。

作製中の整理箱、縦框・横框と部材の形が整ってきました。実際に立てておいてみると結構小さい。
ほぞ組みの細かなサイズも指定された通りに削っているだけなんですが、改めて考えるとなぜこの寸法?
いざ自分で作る事を考えた時に、ほぞの大きさはどう決めたものか。強度もあるし、材質にもよるだろうし。ほぞの種類の選択やほぞ組みではなく釘やネジで留める箇所もあれば、ほぞ+ネジもある。その選択の理由は?訓練として多種類にしたのもあるだろうし構造的な理由もあるだろうし。
そう考えると整理箱一つですが結構奥が深い。あらためて図面を確認する必要がありそうです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/61-4669ee32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。