高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
久々の更新、松本クラフトフェアで途絶えてました。この間の出来事は
・木曽平沢で漆器祭りと駒ヶ根クラフティアの見物
漆器祭りは結構なにぎわいでビックリでした。お客さんは若干年齢層が高めでしょうか。今回初めて平沢の中心街を歩いたのですが漆器店が立ち並びこんなにあるとは知りませんでした。向こう三軒両隣が漆器店。さすが産地だけあります。
善し悪しが分かるほどの目を持っていないので、「へぇーほぉー」と歩いてまわり過ぎていきました。
個人的な好みの問題になりますが、僕は栗などを剥ぎ、漆を塗ったものが好きなようです。綺麗に曇り無く塗られ螺鈿や金粉に飾られた芸術的価値があるようなものよりは、木の質感が感じられるものの方がスキ。
その良さを解っていないだけですが、素材が木と分からないほど綺麗に仕上げられたものは、機械的に加工されたプラスチックの生産品と見分けがつきにくい気がしてしまい…。プラスチック製品が漆製品に近づく努力の結果と言えるのかも知れませんが、目の肥えていない僕には難しいようで。

あ、漆器祭りに関係ないですが、道の駅の中にある喫茶店の北欧風ドーナツが美味しかったです。写真撮ればよかった。

続いての駒ヶ根クラフティアは7年振り。出店数が600を越え歩くのも大変。ジャンルも様々で県外からも多数の出店。松本のクラフトフェアよりも出店数が多いためか、長野県内の人も多い気がしました。
松本でもそうでしたが、駒ヶ根にも大工道具のお店がありました。立ち鉋など買ってもいいかなと思いつつ買わずじまい。学校の人で買った人もいたのですが、聞くと2000円でちゃんとした鉋があったり掘り出し物もあったようです。
僕はどうも紫外線に弱いのか、あまりの快晴に帽子をかぶっていても頭痛がしてきて帰りは運転もせずさっさと帰ってしまいました。ソースカツ丼食べたかった…。

出店者の人の中に、グァテマラの民族衣装のウィピルを着ていた人を発見。
60wipil.jpg
(こんなのがウィピル)
「あれはチチカステナンゴ(地名)の柄だなー」と思いつつ結局話しかけもしませんでした。相変わらず派手だし、日本で着ていると正体不明です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/48-8f304c54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。