高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
運動会の次の日、筋肉痛と闘いながら松本のクラフトフェアに行ってきました。曇り空ながら雨はなんとか降らずにすみました。

久々の都会、クラフトフェア以外にも行きたい所が色々あり、少し二日酔いながらも9時前にはなんとか家を出て松本へ。
19号は混んでる事が多いので塩尻の手前、洗馬の辺りから奈良井川沿いの道にして。川沿いの道ですが、狭いけれど信号も皆無でかなり快適。この時期、川沿いにはニセアカシアの白い花が満開で甘い香りが漂っていました。

クラフトフェアの前に昼ご飯。久々の『メーヤウ』へ。タイ風カレーのお店なんですが、辛いのは本当に辛い。今、これを書いていても鼻の頭に汗かきそう。開店と同時に行ったのですが、土曜の昼ということもあって続々と人が。結構繁盛してます。僕は辛いのは苦手ではないのですがとにかく汗をかく。今回も手ぬぐい一本をしっかり使い、しっかり汗をかいて二日酔いも消えました。ウチの奥さんは食べ過ぎでしばらく動けず、店を出て駐車場の車の中でうーうー唸っていました。。。

ようやくクラフトフェアになるのですが、学生時代にも何度か行ったことがあるのですが、以前はただ見て「これいいなー」という感じでしたが、今回は…。
木工以外にも陶器・ガラス・染め物・金属が多いのですが、木工はやはりスペースが限られるので家具の中でも椅子が多く他は皿や器などの小物が中心とならざるを得ないようです。全国的な規模になってきたせいか、長野県外からの出店も多く、工房の見学等をお願いできたらと思っていましたがなかなか気軽に行ける距離でもなく(もちろん木曽や伊那谷から出店されている人達もいるのですが)。

以前と違う視点で見ていたのは、作品の選択や展示の仕方などでしょうか。大物家具の運搬や展示は難しいので椅子や小物に限られる、となると木工の店が並ぶなかでなかなか特色を出すのは難しいなと感じました。陶器やガラスだと数や種類の多さからも、その店・人のカラーや統一感と言ったものが分かりやすい。一つ一つの良さもあるし、全体を見ての良さもある。スペースが取れない中で木工作品を単品勝負するには難しい展示条件なのでしょうか。
 去年の来客数はたった2日間で11万人!という数字。もし個展等を開く機会を得たとしてもこれだけの人数を呼ぶのは至難の業でしょう。それならば、作品の販売というよりもアピールの機会として割り切って、興味を持ってもらえそうな作品を展示をしたり、人の目にとまりやすい作品や実演などが有効なのでしょうか?まあ商売をした事もない人間なのでなんとでも言えるのですが…。
 陶器とかを見ていても白い器をただの青い布の上に敷いてあるだけで引き立って見えたり、置いてある棚も一工夫してあったりと、野外での展示を意識したものもあり参考になりました。

 イスやスツールも野外の芝生の上で座ると気持ちのいいものですね。木の製品も屋外で見ると気持ちよさげで。今度庭に出てイスに座ってみようかな。
 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/46-1cf3fb2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。