高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は春が来た、と思ったのに曇るとまだまだ寒いです。
が、今朝はツバメが飛んでいました。家の2階の軒下にツバメの巣があるのですが、今年は巣作りするのでしょうか?丁度、玄関の真上にあるのですが…。フンだらけになりそう。。

今日の実習も研ぎの関係ですが最初に油壺(で良かったかな?)の作製。
abura.gif
竹を切ったものに布を詰め込み油を染み込ませたものです。カンナの刃を研ぎに入るのでさび止めとして使います。

kanatoisi.gif

んで、昨日今日の主役はこの金といし。これを使ってカンナの刃裏の仕込みをします。
第一段階の目的は刃裏の刃先をきちんと水平にすること。
その為には金砥石が水平でないといけない。その為には金砥石を普通の中砥石で研いで水平にしなければならない。その為には中砥石が水平でなければならない。その為には……。
堂々巡りが続くのですがとりあえず中砥石同士をすり合わせ研ぐ事から始まりました。手順と目的は分かるのですがゴールが見えない作業が続きます。
いや、ゴールも分かるのですがゴールの判断がつかない。「これでOK次ぎ行って良し」という点が分かりづらい。この辺はやはり経験なんでしょうね。
ので、しばらくは砥石同士をすり合わせひたすら砥石を減らす作業にいそしんだのでした。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/32-4f291615

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。