高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お盆?トレー?を作りました。
291bon.jpg
こんな感じ。
哺乳瓶やお湯のポット、粉ミルクなどをのせて授乳セットとしてつかってます。
組み手は
293ari2.jpg
294hozo.jpg
292ari.jpg
と、3種類の組み手をしてみました。
お盆の大きさは44cm×27cm。中途半端な大きさですが、これは端材を使ったから。縦横の比は1:1.618の黄金比に近い数字。
なぜに黄金比かというと……「やってみたかったから」
組み手はみな手道具だけで加工。1分(3mm)のノミが入るだけの大きさのホゾとホゾ穴で加工。
なぜに指物っぽい組み手にしたかというと……「やってみたかったから」

黄金比はともかく組み手。組み手の本にのっていた中で面白そうかつ隠し蟻組みほど面倒でなさそうなものを選んだのですが、やってみた感想は、「蟻組みで充分」
写真3つめの組み手が蟻組みですが、これで充分に実用にたり、かつそれほど難しくもなく、見た目もきれいに収まりました。ほか2つは組む時に治具が必要だったり、隙間が空きやすかったりとなかなか大変。まあ見た目はちょっと面白いかなと思いましたがいかがでしょうか?

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/182-c0387f35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。