高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
暑さ最高潮!信州と言えども昼間は容赦ない暑さです、直射日光はかなり厳しい。学生時代と比べ暑さが増した気がする。
と思って調べたら1995年の8月上旬では松本で最高気温36度。今年とたいして変わらないかも。当時は伊那に住んでいたのでその違いかな。それでも信州、湿度は低いので日陰に入って直射日光を避けたらまだ大丈夫。家の中でも扇風機で充分しのげます。夜は窓全開だと明け方寒いので少し開ける程度だし。実家の名古屋にはとても帰れない…。

リフォームの仕事が終わり、単発で椅子作りが入りました。以前、勉強机を納めたところにセットとなる椅子の希望があるようです。
基本的にリフォームや新築などの住宅に付随する据え付けの家具が仕事のメインとなるので、単品の家具はそうそうありません。これはなかなか無いチャンス。既にデザインは決まっており、親方がミニチュアを作っていました。
254isu.jpg

255isu2.jpg
「こんな感じで(作ってみろ)」
すっきりしたデザインではあるものの実際に作るのは…。
原寸大の図面を描きながらここの加工はアレでできるけど、ここはどーしよー。そもそもここの接合はどうすりゃいいの?と悩むこと多し。いやあ難しいです。自分なりに色々構造を考えたものの果たしてこれで体重を支えられるかどうか…。全体のバランスについてはスギの端材などで試作すればいいのですが、構造については???案ずるより聞く方が早い、とヒヨッコ家具職人は安易かつ確実な方法を選びました。
それは『技専の先生に聞く』
同じ市内に技専の先生が4人も住んでいるのです。お盆とあってダメもとで聞いてみたら「今から家に来たら?」という素晴らしいお返事。早速行ってきました。
一番の不安は座面の支持。模型のように接着剤のみ、というわけにはいかないので、貫を入れたりほぞを組んだりと色々考えてはいたのですが、先生の自宅に伺うと数々の木工の洋書を取り出し、参考になるものを教えて頂きました。より簡単でより確実な方法になりそうです。ありがとうございました。
ちなみに鉋の達人としても名をなす先生。自宅には7寸鉋をはじめ数々の大鉋が並び、普通の寸八鉋は数え切れないほど(数えられるけど)。
「こんだけあれば一個くらい無くなっても…」と、先生が目を離した隙に……、ウソウソウソウソ。
持参した購入したばかりの鉋の調子も見てもらいました。重ね重ねありがとうございました。これで安心して次に進めます。
スポンサーサイト

先生はさすがですねー。オレもその部屋に行って見たいです。

2007.08.14 21:47 URL | 間野 #- [ 編集 ]

ふつーの床の間の部屋がすっかり鉋部屋となっています。一見の価値ありです。

2007.08.15 20:56 URL | 管理人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/164-c4a49e33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。