高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
キッチンも一段落つき、現在は浴槽を作っています。
247furo.jpg
これは仮組みしてひっくり返した状態
ヒノキの厚板(40mm)をはぎ合わせ箱を作ります。仕上げは漆塗りの外注に出すので、節のひび割れ等はそこで埋める事になります。板自体は雇核ではぎ合わせ水分で木が膨らむことで水が漏れないような作り。なんにせよ初めてなので慎重にやっています。
が、この通り大きい!内寸で82cm×120cm×62cm。横からみると左辺が斜めになっており上辺は140cmの台形という感じ。
写真は天地逆の状態でここに底板がつくのですがその前に目違払いをしています。同僚の大工さん達は皆現場に出ているので一人で作業をしていますが、この大きさと重さ。ちょっと動かすのも一苦労。板を表裏に鉋をかけて、ひっくり返したり、縦にしたり横にしたり。この2週間で腕の筋肉がかなりついてきました。
一番大きい底板(82cm×130cm×4cm)をはぎ合わせた時には端金と合わせて何kgだったんでしょう?表裏から端金をかけるため苦労してひっくり返しましたが、何度も自分がひっくり返りそうでした。
スポンサーサイト

でかいですね。板も厚いし、これは重そうだ。

いろんなの作るのは勉強になっていいですね。やったことないといろいろわからないけど、やってしまえばどうにかなるなーと最近思います。

こちらも学校で使ってた治具を作ったり、道具も手入れをして、そろそろ何か作り始めようと思ってますよ。

2007.07.09 07:00 URL | 間野 #- [ 編集 ]

どうもどうも。重いしでかいし大変です。スペースがないので、仮組みする時も横切り盤をめいっぱい奥まで押してスペースを作って、という感じです。
色々作れるのは良いのですが、特に教わるでもなく一人でやっていると勉強になっているかは???

この前刃の研ぎと台の直しがてらやってみましたが、鉋でどこまで薄い鉋屑が出せるかチャレンジすると良い調整になりますよ。
調子にのってやってたら釘を引っかけてしまい刃がこぼれてしまいましたが…。

2007.07.10 20:07 URL | 管理人 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/159-d5638107

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。