高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ども更新が途切れがち…。
仕事が始まったからですかね、やっぱり。以前の仕事に比べたら恒常的に残業ばかりで、という事もなく早い時には6時には家に帰るのですが、帰って御飯を食べてお風呂に入って一息ついて、としていたらパソコンをたちあげることもなく眠りについて、という感じです。考えたら前の仕事でも現場に出る時以外はパソコンにずっと向かっていたので帰ってからまたパソコンに向かうことはほとんどなかったですね。

一ヶ月弱が過ぎ仕事の方はと言えば、一ヶ月弱分慣れたというところでしょうか。この間に関わったのはトイレのリフォームで収納付き手洗いカウンターの作製です。それほと難しい構造でもないのですが、何せ初めての仕事。とまどう事も多いです。学校で使い慣れた機械があるわけでもないので、ある木工機械をいかに使かということや、どの材料を使うかといった事もあります。なによりも「現場」を伴う仕事という点が一番でしょうか。単品物の完成させて納めて終わりという事ではなく、家の一部として設置し固定し、上手く納めるというのは全く初めての経験。これこそやはり場数を踏むしかないのでしょうね。一つずつこなしていくしかないなと思いました。

で、現場での作業もあるので自前の丸ノコやインパクトドライバー、その他の道具多々が必要と実感。中仕上から仕上げまで一台で済ませてしまっている鉋もやはりもう一台は必要だし(奥サマが使っていた寸六もあるのですが再調整も必要だし…)。小さなものでは釘抜き一つ持っていなかったりで色々買う物も出てきました。無いと仕事にならないし揃えていこっと。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/147-613ed004

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。