高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
即売後の学校は…卒業試験ならぬ技能照査というものがあります。手作業のみで面腰や蟻溝などの組み手を用いた枠状の物(?)を作るのと学科試験。これは技能検定の中の「家具製作2級」の予備試験・練習のような意味合いです。学校での技能照査に合格すると、技能検定の際の学科試験が免除となるのです。

で、最後の課題としてみな練習を重ねるのですが、そこでやってしまいました。毛引きで力がかかり過ぎたか左手親指の甲の付け根辺りを切ってしまいました。しっかり研いだ毛引きの刃は刃幅1cm程でも切れ味は良かったようです。幸い指の動きは大丈夫そうですが抜糸にも10日程はかかるとの事、怪我して4日後の技能照査は絶対無理、トホホホ…。

で、学校に行っても何もできずちょこちょこと道具の手入れで過ごしました。一週間後の3/16に再度病院へ。バイ菌が入ったのか全部は抜糸できないものの少しは良くなったのかな?まだ親指は曲げられないので握る事もできません。

怪我の原因は…不注意・未熟さでしょうか、やはり。刃の動く先に手があれば危険なのは当たり前。まだこの程度の怪我ですみ、指の腱にも支障はなさそうだったのが幸いでした。
しかし、引越を前にして利き手を使えないのは不便ですねえ。。。。
スポンサーサイト

あららら…
文章読んでるだけで指が痛くなりました。
工作機械を使うとなるとより危険もあるでしょうし
今後も気をつけてくださいね~

2007.03.19 11:58 URL | HA #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/141-31b7f8c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。