高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
塗装の為外していたイス・テーブルの座面を取り付けてダイニングセットが
完成しました。
208isu.jpg

完成後は即売会まで空き教室で保管するのですが、移動が大変なでかいテーブル。。。移動の際に傷がついてもいけないので、そのまま体育館に持っていきました。で、そこで撮影。ちょっとコントラストが強くて塗装した色が分かりにくいですね。

で、月曜午後より文机の作製開始です。板組みと引き出しがテーマ?です。形はオーソドックスに天板下に引き出しが二杯ついた形。材はキハダ。文机を含め和家具には大体サイズが決まっているようです。文机のサイズは
高さ:1尺2寸(約36cm)
幅:3尺~3尺5寸(91~106cm)
奥行き:1尺~1尺5寸(30.3~45cm)
引き出しが天板の下につくので、正座をした場合を考え引き出しの下端の高さが8寸(24cm)以上は必要になります。今回は25cmを見ておきました。
キハダの板材から木取りますが、必要な材の厚みは5分5厘~6分の厚さ。
209ita.jpg
左右側板と天板
板目の板に柾目の板を剥ぎ合わせ幅40cmとしました。この3枚を組み手でつなぎます。今回は隠し蟻組みとしました。外からは見えないこの組み手、角さえぴったりいけば大丈夫!(ぴったりいくかどうかが問題ですが)。しっかりノミを研がねば…。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zacapa.blog47.fc2.com/tb.php/134-b01b3790

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。