高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ハトの着物ではなく刃研ぎです。
職場には手押し鉋盤・自動鉋盤・超仕上げ盤と3種の機械鉋があるのですが、ここ最近刃の研磨を全くしていませんでした。
だましだまし使っていましたがいよいよもう限界!となったので研磨することに。
研磨は研磨機?という機械がありましてこうぐるぐる回る円盤状の砥石に300mm~500mmの長さの刃物を平行にあてるというなかなか文章で伝わりにくいもので研磨するのです!

研磨自体は機械があるので機械的に進むのですが、問題は研ぎ終わったあとの刃物の取り付け。久々なのですっかり忘れていましたがまあなんとか終了。
緊張の試し削りでしたが、いやーもっと早よやれば良かったと思うくらいの切れ味の良さ。研磨前の自動鉋盤は刃こぼれもありの、刃先が丸まって削るというよりはつるといった感じでどうしようもなかったのですが、研磨後はもうツルツルと超仕上げが必要ないくらい。手押し盤もヒノキを削ってみたら削った後は盤に吸い付くくらいのなめらかさ。
これはいつまでもつかなー。

一通り研磨し終わったあと、一つ試してみた刃が…。
それは寸八鉋の刃。技専入校時に買った寸八鉋「駒ヶ岳」。28度あった刃の角度も23度前後までねてしまいました。これはいかんとグラインダーで強制的に直したりしているうちにもう手で研いで矯正するのは無理な状態。
で、やってみました。結果はなんとか無事に研げました。裏押しが必要となりましたが久々に手で研げるように。角度は26度くらいで丁度いいかな。ようやく寸八の復活です。

スポンサーサイト
すっかり更新を忘れたかのようなこのブログ。いやいや最近、PCを起動することがほとんどなかっただけにまったくの手つかずでした。
キッチンリフォーム終了してました。
前回、更新した際に納入してたのはこんなの↓
313nagasi.jpg
流しの台と
314konro.jpg
コンロ台です(床に養生のマットがありますが…)
コンロ台には写真のように炊飯器や湯沸かしポットが置けるスペースを設け、スライドレールで前に出せる作りです。
316kitchin.jpg
遠目にみるとこんな感じ(クリックで拡大)
これでしゅーりょーと思いきや追加注文があり
315hikidasi.jpg
流し下には収納が無かったので引き出し3つの箱や
318turito.jpg
冷蔵庫上の吊り戸棚
317cup.jpg
コンロ台背面にカップボードのカウンター(ガラス戸がまだですが)などなど
なんやかんやと時間もかかってしまいましたが、できあがってみると良い感じとなりました。
よー雨が降ってます。
キッチンリフォームのお仕事で久々の現場。
写真はまだなんですが流し台とコンロ台が別々のアイランド?キッチン。工場で作って搬入なんですが、いやー重たかった。
オール杉材、引き出しの底板・側板にいたるまで全てスギ。軽い針葉樹なんですが、柔らかいため強度を出すのにある程度の厚みが必要となり結果重いんだよね。

今日はとりあえず設置完了。明日、他に設置した食器棚の為の扉を作って再度設置に行ってきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。