高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
椅子作り進んでマス
261isu3.jpg

座板と足置きの板用の溝を脚部に彫りこみ。その後テーパーを取りました。んで、脚部の彫りこみとピッタリになるように座板部分のかき取り。まだちょいきつめで微調整と木殺しが必要。
こうやって組んでみると「イス」という感じが出てきました。座面と足置きの板は設計図通りの幅が取れそうになかったので、出来た板の現物合わせになりました。これで座面と足置きが決まったら、背板や貫の胴付きの長さが決まってくるので次の加工に進めます。
スポンサーサイト
椅子作りです。先生のありがたい助言により構造・設計には迷いがなくなりました(一応)。後は加工あるのみ。図面ができたらあとはいつも通り。数字を追って木取りを始めます。とりあえず座面の板矧ぎをすませ、脚の加工からスタート。の、前にざっくり試作をしました。
257sisaku.jpg
スギの端材でビス止め。
この脚の角度。図面で見るとどうも後ろに寝過ぎているように見えたのでした。座ってみると、んーーーーそれほど悪くはない。背板の辺り具合は前後の位置決めやカーブをつけることで対処できそう。まあ角度を決めているのは脚部下の胴付きの角度なので後からでも変更はできるし。で、角度を決めたら治具を作りこの治具で全て通して加工します。
脚の取り付けは助言に従い合い欠き継ぎ(?正式名称はなんだろう??)にします。柄の方は柄取り盤があるので比較的加工は楽。工場の横切り盤の精度を考えたら柄取り盤の微調整の方がはるかに精度良くできます。問題は柄穴(雌)の加工。ネットで似たような加工を探してみたら横切り盤でしているのを発見。うちの横切り盤では無理と断念。昇降盤しかないのですが、手で保持はあまりに危険。で、治具作製。
258zig.jpg
合板をビス止め。材をクランプで固定、治具ごと動かし削ります。
脚の前側から刃が入る方が見やすいのですが、治具の精度が悪いのか刃がぶれるのか、刃が出る時に広がってしまい逆にしたのですが……って考えたらあまり意味はなかったです。むしろ外から見える前面から刃が入った方が良かったような…まあ結果オーライで。。。
259hozo.jpg


260hozo2.jpg
できたのがコレ。
接着剤のみでは体重に勝てないのでこれプラス、ビスorダボにします(両方でもいいけど)。テーパーをまだ取っていません。加工の順番をよく考えないとテーパーを取ったばかりに加工の難易度か急激に上がったりするので要注意。初めて作る物ばかりですが、初めて作る椅子は特に順番に気を遣います。次ぎはどの加工をすべきかな…。。。
お盆休みは塩尻→長谷村→阿智→加子母→上松→塩尻と南信一周となりました。
長谷村(現伊那市)の友人宅。古い民家を改装して住んでいます。この日集まったのは学生時代の友人達総勢12人、家主一家を入れたら16人。うち子供は4人いますが、それでも大人12人が寝泊まりできてまだ余裕があるのはさすが。自分が理想とするのはこぢんまりした家ですが、こんだけ収容力のある家も魅力です。
日が暮れる前に近くの温泉に行き、その後は家の前で大焼き肉大会。伊那のブラジル食材店で仕入れた肉・肉・肉。でっかりソーセージのロンガニーサ、グァテマラ以来で久々、おいしかったー。宴は続きますが12時前には床につきました(食べ過ぎですね…)。

明くる日、皆は子供を連れて川遊び。うちらは天竜川沿いに下伊那を南下、阿智から清内路に抜けて中津川加子母へ。
阿智の物件を見に行ったのですが、一件は古民家(廃屋)付き、敷地が狭くこれはいまいち。もう一件は…仙人向きの物件。実際に住むのには現実的でなくこれは無理。清内路を抜けて加子母へ。加子母でも友人宅で泊。大阪のイタリアレストランで修業後、この冬加子母でレストラン開業予定。
で、試食させて頂きました。
256plata.jpg
前菜の ”恵那鳥のロースト マティニヨンレギューム添え、トウモロコシのムース ジェラート仕立て、季節野菜のサラダ”大変美味しゅうございました。
この後、スープ・パスタ・魚・デザートと続き前日と同じくおなかいっぱい。料理は牛乳・卵を一切使わずアレルギーを持つ人にも安心という話。
こちらも独立・自営を目指す身、まさにこれから開業に進む姿を見るのは励みになりました。
明くる日は加子母・坂下の物件を見た後、上松の大家さんちに久々にご挨拶。楽しいひとときを過ごして帰路に着きました。直射日光は相変わらず暑いですが、なにか風がさわやかで秋の気配がしてきました。
暑さ最高潮!信州と言えども昼間は容赦ない暑さです、直射日光はかなり厳しい。学生時代と比べ暑さが増した気がする。
と思って調べたら1995年の8月上旬では松本で最高気温36度。今年とたいして変わらないかも。当時は伊那に住んでいたのでその違いかな。それでも信州、湿度は低いので日陰に入って直射日光を避けたらまだ大丈夫。家の中でも扇風機で充分しのげます。夜は窓全開だと明け方寒いので少し開ける程度だし。実家の名古屋にはとても帰れない…。

リフォームの仕事が終わり、単発で椅子作りが入りました。以前、勉強机を納めたところにセットとなる椅子の希望があるようです。
基本的にリフォームや新築などの住宅に付随する据え付けの家具が仕事のメインとなるので、単品の家具はそうそうありません。これはなかなか無いチャンス。既にデザインは決まっており、親方がミニチュアを作っていました。
254isu.jpg

255isu2.jpg
「こんな感じで(作ってみろ)」
すっきりしたデザインではあるものの実際に作るのは…。
原寸大の図面を描きながらここの加工はアレでできるけど、ここはどーしよー。そもそもここの接合はどうすりゃいいの?と悩むこと多し。いやあ難しいです。自分なりに色々構造を考えたものの果たしてこれで体重を支えられるかどうか…。全体のバランスについてはスギの端材などで試作すればいいのですが、構造については???案ずるより聞く方が早い、とヒヨッコ家具職人は安易かつ確実な方法を選びました。
それは『技専の先生に聞く』
同じ市内に技専の先生が4人も住んでいるのです。お盆とあってダメもとで聞いてみたら「今から家に来たら?」という素晴らしいお返事。早速行ってきました。
一番の不安は座面の支持。模型のように接着剤のみ、というわけにはいかないので、貫を入れたりほぞを組んだりと色々考えてはいたのですが、先生の自宅に伺うと数々の木工の洋書を取り出し、参考になるものを教えて頂きました。より簡単でより確実な方法になりそうです。ありがとうございました。
ちなみに鉋の達人としても名をなす先生。自宅には7寸鉋をはじめ数々の大鉋が並び、普通の寸八鉋は数え切れないほど(数えられるけど)。
「こんだけあれば一個くらい無くなっても…」と、先生が目を離した隙に……、ウソウソウソウソ。
持参した購入したばかりの鉋の調子も見てもらいました。重ね重ねありがとうございました。これで安心して次に進めます。
今週はリフォーム工事の現場仕事でした。今まで作ってきた建具・台所の据え付け作業です。台所はパーツごとに作っていたので現場でようやく『台所』になりました。今まで図面だけで作っていたので現場を見てようやく実感がわいたというか(遅いって…)。
家具職としての仕事は2日くらいで終わったのですが、最後の仕上げとして追い込みの大工仕事のお手伝い。なかなか大変です。
現場で使う手道具の基本は一緒。丸ノコ・インパクト・手鉋・ノミ…道具の使い方は分かるが現場での動きというかいまいち勝手が分からずとまどう事も多い。
図面通りに作っていたのと一番の違いは全てが現物合わせの点。垂直や平行がわずかだけどれど出ていないことも多いため隙間無くというのがとても難しい。新たに設置した下駄箱と柱の間に出来た隙間を木で埋めるといったことでも隙間が上では15mm、下では13mmと手鉋で微調整必要だったり細かい作業が多く、また現場作業なので炎天下の外にある合板の簡易作業台でそれを削ったりと、大工仕事は大変です。
脚立に乗って真上に釘打ちとか、大工さんはしんどいなーと思うこと度々。使う手道具は同じだし、細かな作業の一つ一つは分かりますが、やっぱり違う大工仕事、慣れない作業は大変です。
今週、一週間だけでかなり肩こりが増えた模様。

慣れない作業は大変だ、ということですが大分・湯布院でユースを営む友人が台風5号により一ヶ月(以上かも)は営業休止の被害。去年だったら技専の夏休みもあってすぐにでも駆けつけるところですが、ただでさえ遠い湯布院。救援物資を送るだけでしたが少しは役にたったかな?
仕事じゃない慣れない復旧作業が続き体力的にも大変そうですが、常に前向きの前傾姿勢、持ち前のパワー(普段は持てあまし気味)でかなり奮闘しているようです。「夏場に営業休止だけに逆に地元のお祭りに参加できる!」と言えるのはさすがというか、こんなたかだか一週間の作業で疲れたと言ってる場合じゃないですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。