高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
松本でクラフトフェアがあります。去年は道具屋さんでダイヤモンド砥石を買いました。そう、去年の今時分は研ぎの毎日だったからでしょう。毎日鉋を研ぐ生活は今も変わっていませんが。。。

技専の同期で長野近郊の人達はおそらくクラフトフェアに来るのかな?僕らも行きたいところですが、今週末は大阪で結婚式。ので、今回はクラフトフェアには行けません。
今日も仕事が終わったらすぐに大阪に行くつもりでしたが…火曜から作り始めた障子が二枚(枚でいいのかな?)に手間取り明日の早朝に出発を延期。初めて建具を作りましたが、なかなか難しいです。見た目そんな難しいようにも見えなかったのですがいざ作り始めると…。組立だけでも時間がかかりました。
あぁ早く寝なくちゃ。早朝ドライブが待ってます。。。

スポンサーサイト
昨日の実験のため、2週間ほとんど休み無く働いていたのですがようやく終了。久々にお休みとなりました。ふひーー

で、よく晴れた日。いつも見ている高ボッチに行ってきました。昔長野に住んでいた時にも行った事はありますが、かなり久々。よく晴れてるし眺めも期待できそう。行きは20号から入っていきました。途中、標高が上がるにつれ桜がまだ咲いていたり、落葉松の芽吹きが見えたりとまだまだ春の始まりといった感じ。
途中の道でも山々が見えていましたが、駐車場に着いたら
229kitaaips.jpg
ドドーーン。御嶽から乗鞍、北アルプス、黒姫、妙高までずらっと見渡せました。写真は奥穂や槍ヶ岳。
駐車場から歩いて5分ほどの高ボッチ山頂?からは今度は
230fuji.jpg
富士さーん。
南アルプスや中央アルプスは見えるとは思いましたが、富士山もしっかり見えました(デジカメではそうでもないのですが)。
いやー家から30分ほどの場所でこの眺め。すごいね。平日とあって人もそれほどでなく静かに景色を堪能できました。
下に降りたら結構日射しが暑く、いかに山頂が涼しい(寒い)のを実感。アイスを買って帰宅。久々に休日を実感。よい一日でした。
今週末、職場で建設中の家で構造実験があります。東京の大学生主催の実験に協力?という事で朝5時起きの6時出発で塩尻から八王子まで学生お迎えと実験機材をつんで往復。雨だと機材の設置は不可だそうで、一日雨が降った今日は設置は絶対無理、ならそんな朝早くでなくても良かったじゃんと思ったのでしたが、朝早いお陰かどうか偶然の出会いもありました。
行きの途中、双葉のサービスエリアで一息入れようとトイレ休憩。眠気覚ましにガムを買って車に戻る所で、技専の同期のKさんとばったり。元々設備屋さんで松本に住むKさん、今は元の仕事がらみのバイトをしているそうなんですが、丁度この日、八王子での仕事が入ったという事で行く途中に寄ったのが双葉のサービスエリア。この場所でこの時間に誰か知り合いに会うなど少しも思ってなかったのでお互いかなりびっくりしましたね。
こーゆー時はほんとに些細なタイミングが合うからこそ「偶然の」という感じですが、だからこそ面白いというか。朝からかなり楽しくなったひとときでした。

ちなみに今のところで一番の偶然の再会No.1は学生時代にネパールに行った際の兄との再会。お互い学生で実家から離れていたので盆正月くらいにしか会うこともないのに、なぜかネパールの空港で再会。僕は一緒に来ていたネパール人留学生が一足先に日本に帰るので見送りに、兄は友人らとインドからネパール経由でどっかに行く途中のトランジット。同時期に似たような場所に旅行に行っていたとは言え、なぜにその時間にネパールの空港で会うの?って思いました。その時のネパール旅行では帰国3日前くらいにして高校のクラスメートが同じホテルに泊まっていたりと(それも卒業後3年振りくらいに再会)、偶然続きでなにか必然があるのかと思ってしまうほど。それ以来旅行にでたら偶然の再会を探していますがそれ以来「偶然」は姿を見せてくれません。
一泊二日でお出かけしました。行き先は旧旧伊那里村。現在伊那市の旧長谷村に住む友人宅です。去年の夏に一度行ったきりだったので久しぶり。友人宅は築140~150年?ほどだそうで、玄関にあった住所のみの表札には伊那里村の表示が…。伊那里村が長谷村になったのは昭和34年。それからでも結構な年月。

先月まで一週間ほど入院していた友人。もう大丈夫という話を聞いて行ったのですが、友人の奥さまが今度は副鼻腔炎になりしんどそう。なんかかえって迷惑じゃないかと思いましたが、3歳の子供の面倒を見てくれたらOKという事で宿泊してしまいました。
手みやげ代わりに薫製を作ろうと思い、途中伊那のスーパーで買い物。イカ・ホタテ・カツオのたたき・チーズにウィンナーと買いそろえ、用意した段ボールで箱を作り網にのせたら後は燻すだけ。特に塩漬けをしたりもしないお手軽薫製でしたが、お酒のつまみには充分。子供と遊びつつ出来てしまいます。
友人宅は集落はずれの山の際に建ち、夕陽を見ることもなく4時半には陽が沈みます。塩尻では6時でもまだ明るいので時間の感覚がくるってしまいやたらとゆっくり時間が過ぎます。でも多分本当にゆっくり流れてる気もする。この先に人家はない環境、車の音がするでもなく鳥の声しか聞こえない。
早めに沸かしてくれた風呂は薪と灯油のハイブリッド。水を入れ続けないと入れないぐらい熱い風呂は体がポカポカになり、風呂上がりに庭先にでて沢から引いてきた水で冷やしていたビールを取りにでるとまだ明るい空に鳥の声。ほんと別天地。
家のトイレには何匹ものカメムシに家の外には乙事主と見まがうほどのでかいイノシシの目撃談。やはり別天地。
簡単にはいかないのが田舎暮らし、でも友人一家はそれも楽しんでいるように見えました(その時々は楽しめないかもしれませんが…)。

連休にふさわしくゆっくり過ごすことができました。また遊びに行きマース。
久々に松本に行って来ました。近いとはいえ用事もないのに行くことのない距離。今回の用事は銀行です。銀行は少し混んでいたもののあっさりと済みました。
せっかく松本まで来たので長谷川刃物店を覗いてみました。学生時代に一度行ったことがあったので全く初めてではないのですが、当時は大工道具の知識があったわけでもなく彫刻刀用の砥石を買っただけでした。とりあえずこの前買いそびれた面取り鉋をみしてもらいました。善し悪しが分かる程の目を持ってないので値段の確認のみ。うーん別に高くはない。が、一昨日の塩尻のお店に比べると高い(と、いうかあの店が安かった)。おそらく刃の材質等が違うのでしょうがそこまで見ていなかった。とりあえず保留にして店をでたのでした。

パルコの無印に寄ったりしていたのですが、どうも強烈にお腹が空いてきてこれはいかんと、腹を満たすべく急いで出たのでした。
目指した先は『中華料理 美味屋』、カタクラモール近くのお店。以前から気になっていたのですがその怪しげな感じに、いつも「また次の機会に」と入らなかったのでした。が、ネットで見てみると結構味の評判は良さそう、というか美味しそう。店の裏にある駐車場に車を止めて入ってみました。

噂通り店内には中国語混じりのメニューが壁に貼り巡らされタツノオトシゴやヤモリの焼酎漬けがあったりしますが、それ以外はまあ普通。久々にお店に入っての中華料理でメニューを前に散々悩みます。奥サマはネットで見た時点で、「炒飯・餃子・酢豚」と決めており何の迷いもありません。僕はと言えば、「面類も捨てがたいが定食もありだし、炒飯は取られたし…ブツブツブツ…」ちっとも決まらずよく分からないまま「八宝粥と小龍包」に決定。
しばらくしてから「八宝粥って甘いヤツだよ」と奥サマに言われ、「!!」 「八宝粥は悪くないが今は甘いのは今は違う」と思いながらも料理は順次できてきます。
「酢豚」僕は中華の甘酸っぱい系が苦手なんですが豚肉もパリっと揚げられ美味しかったです。が、元々苦手なので自分では頼まないでしょう。酢豚好きの奥サマは大満足でした。
「炒飯」・「八宝粥」結局、取り替えてもらって食べた炒飯。注文したのはノーマル炒飯でしたが、美味しいけれど具もあまりないノーマルな味。海鮮炒飯とかもあったので次回はそっちがいいかも。「八宝粥」麦粥?やピーナッツや色々入ってなかなか美味しい。今回は「中華!」という味を期待してたのでちょっと違ったのですがこれはこれ、美味しいです。
「餃子・小龍包」餃子は一人前7個なんですが二人で入ったからか「ケンカしないように1個サービスしとくね」という優しいお言葉。で、食べた餃子なんですがこれが美味しい!皮も手作りという感じで具はあっさり、これはかなりヒットです。残念ながら小龍包は破れていましたが、これも手作りの味という感じで美味しい。

うーんどれも美味しかったです。ここまで書いて写真の一枚もなくスミマセン。食べるのに夢中でした。

オマケ
228kame.jpg
お店にいたカメ。背中にも腹にも藻がいっぱい。
隣の人が食べてた、「北京豆腐の麻婆豆腐」次回食べよう…。
仕事を始めてからようやく一ヶ月が過ぎました。各週の土日休みに体が慣れてきたところで連休に突入。フルに休みが取れる職場でもないのでとびとびで休みになりました。昨日の休日出勤の代わりに平日の今日は休みを取って用事を色々すませました。

まずは買い物。インパクトドライバーと丸ノコを購入。他、際がんなも。ホームセンターやネットなんかよりも安いという金物屋を教えてもらい行ってきました。インパクトは充電式よりも電気コードの方が長く使えてよいとのアドバイスを受け決定。確かに大工さんと違い現場でもコンセントがある場所の方が多い。充電池は2年も使えば交換が必要になる、という話しでした。
続いて丸ノコ。学校では横切り盤もあるので一度も使う事はなかったのですが、やはり必要。条件として最低1寸の厚みを切ることができこと、荒木取りは大抵工場で済むので現場でも細かい作業に向いている方が良い。ということから電子制御の精密丸ノコに決定。そうそう買い足すものでもないと思うのでちょっと高いけれど良いものにしました。それでもネットやホームセンターよりは安く買えて満足です。

学校では多くの道具の貸与がありましたが、やはり貸与されていた道具のたぐいは実際に仕事をする上で必要となります。身近な道具だと釘〆や釘抜き、やはり他では代用がきかなかったりで無いと不便。というか現場でないとどうしようもない。建具の仕事もあるので際鉋や面取り鉋もやっぱり必要。細かな道具はまだまだ必要となりそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。