高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ダイニングセットの塗装も終了。イス本体の色がなーんかまだらになってしまった気もするが、終了。イス・ベンチとも座面を外して塗装をしていたので再度、駒止めをしたらようやく完成。

来週から最終作品となる文机になります。やっておきたいのは引き出しと板差し。整理箱以来引き出しを使っていないのでおさらいの為にももう一度。蟻組みなどの組み手をこれまたやっていないのでこれも最後にやっておきたい。隠し蟻、通しホゾ、色々種類はあるけどどれにしようかな…。あまり時間もないのでこれもさっさとやらねば。

金曜日は木材工芸科の受験日という事で学校は休校。今住む家を探しにきてから丁度一年となりました。このブログを始めてからもほぼ一年。あ、ちゅーまですな。去年のこの時期には近所の「小野の滝」がすっかり凍っていて「木曽、寒っ!」と思ったのですが今年は凍る気配はなし。このまま春になってくれたらと思います。
スポンサーサイト
月曜から塗装に入っています。テーブルの場合学校では水に強いウレタン塗装になることが多いです。今回のダイニングセットもウレタン塗装となりました。色は無しのクリアーでもいいかなと思ったのですが、元々の木の色の違いもあり着色します。

ウレタン塗装、結構手順が多いです。まずは素地着色。ロマンフィラー・オルパステイン・オルパシンナーらを混ぜ(なんのこっちゃ)刷毛で塗ってはふき取ります。なるべく色を薄くしたいのですが最初は手間取りなかなか大変。
続いて下塗り。スキルシーラーをスプレーで塗装。結構厚めに塗ります。塗装後、小さなツブツブが出来ているのでサンドペーパーで軽くこすります。あまりやると素地着色が取れてしまうので注意。
続いて中塗り。サンディングシーラーを塗装。2回ほど連続して塗装後、表面をなめらかにするため同じく研磨。テーブルトップのみ3回程塗装します。
そして補色。素地着色時の色むら、元々の材の色の違いを補正します。
最後に上塗り。半ツヤ消しのシーラーによりこれも2回くらい塗装します。最後の最後に表面がざらついてはいけないので、これも研磨。でも補色の色が取れてしまってもいけないので慎重に。ようやく完成です。

工程でみたらこんな感じ。今回はテーブル・イス2脚・ベンチを一気に塗装してしまうので今日の3日目でようやく中塗りが終わり研磨の途中。なんとか明日には上塗りを終わらせたいですね。
塗ること自体はそれほどでもないのですが、問題は研磨。イスは細かくて大変。大きければいいかというとテーブルは一人でひっくり返せない大きさ(168cm×84cm)なのでこれも大変。なかなか時間がかかります。

専用マスクをしていても溶剤(シンナー)でお腹いっぱい…
イスの加工・組立が終了しました。ペーパーがけが少し残っていますがほぼ完成。後は塗装を残すのみ。
205isu.jpg

ベンチの座面と同じようにしたのですが、ただ斜めにしているだけでは座った時にお尻にあたり長時間は座ってられない(かも)。ので、ちょうど当たる部分をすこーしだけ削りました。見た感じでは平面にしか見えないけれど触ると部分的に2~3mmほど少し凹んでいます。この差が座ってみると結構違ってきます。

206set.jpg
ダイニングセットの完成です(塗装前だけど)。
改めてテーブルを見るとけっこう大きい。これから塗装に入るのですが、この4点だけで結構な時間がかかりそう。なんとか来週の一週間で終わらせたいですね。

新学期が始まりました。残す期間もあとわずか。実質は一ヶ月半しかありません。イスの加工を少しでも早く終わらせダイニングセットの塗装を仕上げたいものです。
イスの加工で残るは大きい部分で背板・座面があります。他には角の面取りやペーパーがけ。そう考えるとそれほどでもない、かな?
新学期のスタートは背板の加工から始めました。座面はベンチと同じく木の座面を駒止めとするため、背板が終われば組立に入れるのです。

204seita2.jpg
で、加工の過程をすっとばしできた背板がこれ。
厚さ5cmの厚板にホゾ加工をし、先にホゾを作ってしまいます。それから湾曲するよう材を切り、ベルトサンダーでなめらかに仕上げます。
指先の感覚は鋭いものでわずかな凹凸も感じてしまいます。それを手鉋やベルトサンダーで修正するのは難しく結局ペーパーで仕上げる事になります。
テレビで金属研磨専門の職人さんの0.00何mmの凹凸を感じ取る指先とかが紹介されていますが、ある程度のレベルまでは経験つめば普通の人でもできるんじゃないかと思ってしまいます。でもそれを修正する技術というのは……かなりの経験が必要になるのでは?ピンポイントで過不足なく凹凸の部分を修正する。これはとても難しいと思いました。

一通り仕上げたところでとりあえず終了。仮組みをしてみて実際に座ってから背中に当たる部分を探って削ってみたいと思います。
スキーに行ってきました、もう何年振りかに。学生時代、兄よりもらった道具はどこかに消え、今回はまたしても大家さんよりお借りして。
学生時代には何度か行っていたのですが、元々ボーゲンをようやく脱出するくらいから上達しないまま過ぎていたので10年振りかのスキーは不安でしたが結構体が覚えているものです。
あまりの天気の良さに、景色を期待して御岳スキー場に。
平日とあってゲレンデはガラガラ。ほとんど新雪で雪質は最高。なんと言っても景色が最高。中央アルプスがほぼ全域、八ヶ岳や蓼科山まで見え、乗鞍や穂高も見えました。
199ski1.jpg
ウェアもないので、上は登山用のゴアジャケット、下はゴアカッパ。後ろの山が中央アルプス

200ski2.jpg
乗鞍と穂高(奥穂と前穂?)
201ski3.jpg
御岳バックにうちの奥サマ(風が寒くて完全防備、顔はまったく見えません)

今回はリフト回数券を購入、4・5回リフトに乗って滑ったらなんかもう満足。2時には帰路についたのでした。
昨日、名古屋から上松に帰りました。恵那辺りで雪山が見え上松に近づくにつれ道ばたに雪・雪・雪。
久々の長野で寒さがどうかと思ったのですが、まあ年末とそれほど変わらずちょっと安心。

で、一夜明けたら。
198yuki.jpg
雪まみれ…
雪が降った朝って妙に静かなんですね。もちろん道路を走る車が少ないというのもあるのですが、雪が音を吸収しているというか。
朝7時前には家の前で雪かきの音がしてきて、これはイカンと長靴はいて参加。車の上には20cmは積もっていました。一通り雪かきしたのですが、お昼を過ぎてもどんどん積もる。。。朝には落としたはずの車の雪がすっかり元通り。今日は一日家から出ない方がよさそうです。

昨日帰ってきて良かった…
2007年 今年も宜しくお願いします。

年末、名古屋経由で奥さんの実家の川西まで帰省。なんやかんやと荷物も多く車にしました。長野から大阪まで一気に行くと遠いのですが、名古屋経由にすると各2~3時間で着くので丁度いいですね。

年末、雪もちらついたけどやはり木曽より暖かい!外を歩いても昼間なら上着がいらない。名古屋も川西も暖かい、いいなーいいなーあったかいっていいなー。家の中もあったかいっていいなー、とコタツでぬくぬくしていたらみるみる体重増加(+3kg)。まあしょうがないですね。ご馳走を頂いたので。。。ごちそうさまでした。

201kabe.jpg
宝塚の中山寺にて。
いつまでたってもお腹がすかない(常に満腹状態)なのでテクテク歩いて1時間弱。帰り道にウェンディーズでハンバーガーをパクリ。これじゃいつまでたってもお腹は減らないね…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。