高木木工房準備室

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回のグァテ旅行のある意味メインの目的の一つである「自分の任地」。5年振りの来訪です。
の、前にグァテマラの国内移動の主要手段であるバスについて。
グァテマラのバスは大きく分けて二つ。アメリカのスクールバスの中古であるボンネットバスと日本にもあるような観光バス。観光バス型はある程度ちゃんとしたバス会社が運営している路線バス(高速バスみたいな感じ)で予約もできるし料金もちゃんと決まっている。ので、まあ安心して乗れます(それでも色々ありますが…)。

そして、問題?なのが黄色いボンネットバス。グァテのローカルバスのシステムを詳しくは分からないのですが、おそらく個人タクシーと同じのようで運ちゃんの持ちバスでひたすら往復している様子。なのでターミナルには同じ行き先のバスがずらっと並び、基本は先に着いたバスから出発します。なので時刻表などありえません。行き先はバスの正面に書いてあるのでそれほど迷う事はありません。またずらっと並ぶ中からどれが最初にでるかは周りの人に聞けば大抵教えてくれます。
バスには「Ayudanteアジュダンテ」と呼ばれる車掌?がいます。これが料金の回収をしています。周りの人がいくら払っているかをしっかり見ておきましょう。庶民の足のためか経験上、外国人といってボラれたことはほとんどありませんが、それほどメジャーでもない場所を結ぶ路線では多少あった気もします。このアジュダンテに聞くよりも周りの乗客に聞いた方が確実です。グァテ人にも親切な人はいてふっかてきたアジュダンテに対し僕の代わりに抗議をしてくれた人もいたりしました。
また、初めて行く場所の場合、このアジュダンテにしっかり言っておかないとうっかり通り過ぎてしまう場合がありるのでこれも注意です。

目的地もOK、料金もOK、大丈夫かと思いきや一番肝心なのが「運転手」の性格の見極め。それと共に「バスの車体」の見極め。
グァテマラ西部は山岳地帯、急カーブ・急な坂が多く事故も多発します。それに関わってくるのがこの2点なのです。そしてどちらも乗ってみないと分からないというのが問題なのです。
207bus.jpg
こんなバスね

・『運ちゃんの性格』
やる気のある運ちゃん、つまり多くの客を乗せようとする運ちゃんの場合、人が沢山乗るまで各地に停まりなかなか出発しません。ので結果、到着時間が遅くなる一方。やる気の無い運ちゃんはどんどん行きます。ある程度人が乗ったら道端の乗りたい人を無視して行きます。気をつけていないと降りたい場所で降りられないくらいです。
そしてスピード狂の運ちゃん。これが最悪です。道路も悪い(整備されていない)、車両点検も怪しい、にも関わらず妙な自信でスピードを出しまくる。急ブレーキ・急発進は当たり前。乗ってるグァテ人も怖がっている。すぐ降りて別のバスに乗り換えた方が無難です(降りる時はBajo!Bajo!と叫ぶ事)。
・『バスの車体』
それは隊員時代の話。ある地方のお祭りを見た帰りです。祭日の為バスの本数は少なく、このバスを逃したら次はいつか分からない。で、乗りました。途中、エンジン音がやたら大きかったり怪しかった。途中から別のバスに乗り換える手もあったが面倒なのでそのまま乗り続けました。
案の定というか、カーブの手前の下り坂、ブレーキが壊れたバスは減速できずカーブに突っ込む。運ちゃんは横の斜面にぶつけて減速をしフロントがグシャグシャになって停止。僕は気づかなかったのですが乗る前にグァテ人らが「このバスは止めたほうがいい」とか言うのを他の隊員らが聞いてたそうです。
どちらも乗った後から分かる事。分かった時点ですぐ降りた方が身の為です。。。

に、してもグァテマラのバスは面白いです。ヤギを乗せてくるインディへナのオバチャン。カゴ一杯の鶏を乗せようとするオジサン。
バスの中は二人がけのシートと通路を挟み3人がけのシートになりますが、その通路にも半ケツ状態で人が座ったり(両隣の人の絶妙な圧迫で座れる)。グァテマラ中を縦横無尽に走り回る路線数。網棚に乗せてた荷物からカメラが盗まれたり、スリにあったりとキケンも多いバスですがやっぱり面白い。
こんな路線、絶対に観光客は乗らないだろっ!っていう方が素のグァテマラの風景や人が見えてきて面白いと思います。
スポンサーサイト
明けて2/19 この日はグァテマラシティー観光となりました。
案内してくれたのは協力隊同期のSさん。グァテマラを愛してやまない彼女は隊員終了後、再度グァテマラに戻り、現地観光ガイドの資格を取得。初の日本人ガイドとして活動しています。
http://solola.hp.infoseek.co.jp/

個人で来る年輩の方を相手にガイドをする事も多いようですが、この日も久々の休日となった日を使って相手をしてくれました、ありがとうございます!
96central.jpg
国家宮殿前の広場

最初に連れて行ってもらったのがここ。グァテマラに限らず中南米の多く町では、植民地時代のなごりで町の作りが同じです。
中心地に広場(噴水があるような公園)があり、必ず東側には教会、市庁舎・警察署などが周りを囲みます。写真はグァテマラで一番大きな広場となります。

このグァテマラ旅行日記。実際に書いているのは数ヶ月後の8月なんですが、最近のエントリーという欄がないので、ほとんど誰も見ることはないと思いつつ思い出したように書いてみます。
グァテマラで検索した人は見るかもしれないしね。

2月18日、ようやくグァテマラに入国です。あいも変わらずの小さな空港。8年前初めて入国した際、空港トイレには便座が無く「話には聞いていたけど国際空港のトイレですらこれか」とグァテマラに着た事を実感しました。はたして8年後…やっぱり無かった。。。
この日、午後4時くらいには着いていたのですが、前日ほとんど眠れなかったことからホテルに着いて6時頃には既にベッドの中でした。

95volavcan.jpg
ホテルの屋上からみたアグア火山

ホテルは前もって協力隊の友人Sさんに予約してもらっていました。空港から近い住宅地の中にひっそりとあるホテル。周りは普通の家しかないので食事を取るにはタクシーを使って出ないといけないのですが、その時僕達に何よりも必要だったのが『静かな環境での睡眠』。これにはぴったりの場所で日本を出て初めてぐっすり眠れました。
2月に行ったグァテマラ旅行。いまさらという気もしますが、自分で日記をつける変わりにブログに更新しようかと思います(いつまで続くか…)。

2月17日に出発。和歌山→関空→ダラス→カンクン(メキシコ)という日程。
カンクンからダラス行きの飛行機は中国or韓国経由の便だったので、機内にはアジア系の人間が入り乱れていました。フライトアテンダントの人にも日本人がいたのですが、何語で話しかければいいのか困っていました。
ダラスからカンクン行きの飛行機にもまだチラホラと日本人らしき姿が。新婚旅行とかでも人気のようだし、うちらもそうみえるかな?(リュック背負ってたら見えないだろうなあ)
79kinokawa.jpg
出発時 南海線のローカルな駅

78hotel-cancun.jpg
いきなりカンクンの初日のホテル
カンクン初日のホテルは航空券と一緒に日本で手配をしていました。カンクン着が夜だったのでネット上で選択。

カンクンには高級リゾートホテルが建ち並ぶところもあるのですが、今回はグァテマラがメイン。初日は寝るだけと安めのホテルを選びました。部屋は広くまあまあきれいだったのですが、部屋の位置が悪かった…。写真の一番右下、2階の端で通りに面したところ。
このホテルの隣がバーというかディスコというか、とにかくうるさい。面した通りも客待ちタクシーが立ち並びクラクション鳴らしっぱなし。ようやく静かになったのが朝の6時でした…。
ほとんど眠れないまま初日が過ぎていきました。。。

満室でもないしすぐに部屋を変えれば良かったのですが、飛行機疲れで考えられなかった…。かなり失敗。
いよいよ今日出発!
関空発・メキシコカンクン経由・グァテマラ着
とりあえずカンクウからカンクン(ややこしい)までが16時間。
カンクンで一泊してからようやくグァテマラ。
あーしんど。遠いなあグァテマラ…

カンクンは全く初めての場所。有数のリゾートですが、
去年のハリケーン影響もあり、再建中のホテルも多いとか。
行きは一泊のみですが、帰りは3泊するのでカリブ海や遺跡も見る予定。楽しみです。

4年振りのグァテマラ、どうかな~。
4年前グァテマラ空港に着いた時、トイレに行ったら便座がない。。。
グァテでは当たり前の事ですが、国際空港のトイレくらいちゃんとしようよと思いました。果たしてどうなってるでしょう。

今回は初日のホテルを現地で日本人ガイドとして働いている友人が手配してくれました。今回はカンクン経由で夕方着ですが、日本から直行する場合(直行便はないので乗換ですが)、大抵は夜に到着となります。
いきなり宿探しも大変なので今回は助かりました。色々情報も聞けるしね。

僕はともかくウチの奥サマは初めてのグァテマラ。観光地が中心と
なるので、所々ネットカフェがあれば更新できるかな。
それでは行ってきます。
荷物が揃いました。
nimotsu2.jpg


下から筆記用具にポケット辞書に小説。デジカメの充電器やケーブル。
飛行機内用の枕やスリッパに洗面具。折り畳み傘にザックカバー。
衣服一式(シャツや下着は4日分、ジャージと替ズボン、水着)
45リットルの3WAYバッグにショルダーバッグ。
あとはデジカメ本体や帽子や細々したもの。それにパスポート。
それにグァテマラの友人らへのお土産が入ります。

旅行で何を持っていくか?
まず僕の基本の考えは機内持ち込みでOKな量・サイズ、となります。この3WAYバッグもそれによります。バックパッカーとまでは行かなくても両手が空いて自由になる方がいいし、移動も楽。グァテマラ国内ではバス移動がメインとなるので動きやすい・運びやすいのが一番ですね。

とはいえ、この量はちょっと多め。この中で減らせるのはやはり着替えでしょうか。一番かさばるし。
暑いだけの国だったらいいのですが、今回標高1500m以上の地域と海抜0mの地域と半々ずつ行くのでどうしてもこれだけの衣類が必要となりました。現地調達もできるけど、そのために時間を使うのももったいないし…。旅行期間が長いほど荷物を減らせる気がする。

しかしグァテマラ土産は絶対買うだろうし…帰りは荷物増えちゃうだろうなあ…。しんどいだろうなあ…。まあ、いいか。今回はこれで行ってみよう! Vamonos!
一通り準備も完了。グァテマラに住む日本人の友人や
グァテマラ人の知り合いらへのお土産も購入。
45リットルのザックが満載の一歩手前です。

うーん多すぎか?お土産渡して多少は減るけど、
その分自分のお土産も買うだろうから増えこそすれ
減ることはないだろうなあ。。。
前に書いたとおりグァテマラは海抜0mの亜熱帯から
標高1500mの首都まで気候の変化がかなり激しい。
持っていく服もそれなりに準備しないといけない。
まあ必要だったらグァテマラで買えば済む話しなんですが。

そこでグァテマラに住んでいた頃、よく利用したのがこれ。
ropaame.jpg

Ropa Americana(略してロパアメ)
ようは米国から入ってくる古着の事です。首都に行って探せば
日本でも売っていそうな服もあるのですが、ほとんどが輸入品の為、
少し高め。かと言ってメルカド(市場)で売っている服は品質面で
いまいち。安くて品質もいいのがこのロパアメなんです。
かなり着古したものもあれば、値札がついた新品もあり、
掘り出し物も結構あります。実際、4年前に住んでいた頃買った服で
いまだに着ているものもあります。
それまで古着に興味は全然無かったのですが、グァテで必要に迫られ
買うようになってからは、楽しんで買っていました。
が、グァテマラと言えども古着は古着、この安さを知ってからは
日本の古着屋の新品以上の値段は馬鹿らしくて買えません。

グァテマラは民族衣装がとてもきれいな国で土産物には困らないの
ですが、旅の記念に実用も兼ねて古着はどうでしょう?
Tシャツとか日本ではなかなか見ることのないレアなデザインも
ありますよ。
明後日にはグァテマラに向けて出発!
2週間あまりの旅行ですが、準備に頭を悩ませています。
何を持っていこうか、どんな服がいいか。

グァテマラ、最近は缶コーヒーも出ているし国名自体は
知ってる人も多いと思いますが、正確な場所まで分かる人は
まだまだ少ないと思います。
中米と言われてもピンことこないかも知れません。南北アメリカ大陸
を結ぶ細くなっている地域にあります。メキシコの南隣と言えば
分かりやすいかな。
緯度ではタイと同じくらいですが、標高4000mを越える山もあれば
カリブ海に面した地域まで様々な自然のある国です。

今回、なぜグァテマラを選んだかというと実は2年間住んでいた
国なのでした。今の仕事に就職する前に青年海外協力隊として
グァテマラで2年間を過ごし、今回約4年振りに行くこととなります。

4年も経つとすっかり忘れてて、この時期どのくらいの寒さだったか
とか全然覚えていません。
グァテマラでの職場にや知り合いの家にも行く予定なのですが、
お土産も何がいいのかさっぱりわからず。。。
スペイン語もだいぶ錆びついたしなあ。大丈夫かな?
とはいえ2年間は住んだ土地、行けば思い出す事でしょう。
いやぁ楽しみ~
有給休暇に入って一週間が過ぎました、この間にしたことは
職安に相談、パスポートの受取、デジカメ購入、
引越の見積依頼と見積、その後引越の日程が決定したので、
ガス・水道・電気の手配。

とりあえずネックだった引越が決まったのでホッとしました。
3月末の予定の為。まだまだ時間はあるようでないので。

と、いうのも今週末から2週間程旅行にでかけるのです。
行き先はグァテマラ(とカンクン)。
パスポートやデジカメはこの為でした。
このチャンスを逃したら当分の間、海外旅行なんで夢のまた夢。
この機に行くことに決めました。グァテマラについては別の
カテゴリーで。

と、言うわけで旅行の期間を除いたら残り2週間!
うわっ!これは時間無いなあ。引っ越し先には今使ってる
プロバイダーは圏外のようでこの手配もあるし…。
なによりも荷造りを始めないと、はよバイクも売ってしまって…。
気持ちだけが焦ってきました。

売る前に洗車!と思ったものの和歌山市内でも雪が降ったり止んだり。
濡れるっていうのもあるけど、寒すぎ。
明日は晴れるといいなあ。

bike2.gif


乗ってるバイクはヤマハのTTRレイド。250ccのオフ車ですね。
学生時代はエストレヤで卒業後オフ車に乗り換えました。
大きめのタンクでツーリング用にと考えたものの、そうそう時間も
取れず結局通勤バイクでした。これで林道を走ったのは数えるほど…

平日に仕事で林道を走っていて絶景の所とかもあるのですが、
わざわざ休日にまた行こうとは結局思わず。
これならオフ車じゃなくてもよかったかも。

オフ車にしてはタンクやライトも大きいので取り回しはあまり良く
ないのだけれど、車高が高くステップが縁石にあたる事もないので、
町中でのすり抜けが楽なバイクでした。
写真でバイクにまたがってるのはウチの奥サマ。当然足は届きません。

うーん、これから長野に住むっていうのにほんとに売って良いのか?
林道でも普通の道でも良いところいっぱいなのに。
でも雪がちらつくこの時期に和歌山から木曽までバイクで
行く気がしない。全然しない、全くしない。自走でとても運べない。
退職願も提出しました!
手持ちの仕事もできる限りは片付け明日から有給休暇に入ります。
机の周りや自分の荷物をまとめたら結構な量に。
書類のたぐいは今後あまり役に立ちそうもなく、当たり前ですが
持っていってもいけないでしょうしシュレッダーかけまくり。

かさばったのが長靴。長靴が必要な仕事ってなんだと思います?
市場の人とかよく履いているなあ、あと清掃関係とか。
もったいぶってもしょうがないですし(もう辞めるし)、
正解は林業(関係)でした。長靴は金属製のスパイク付き。
長靴だけでなく地下足袋に防水地下足袋(あるんですよ)や合羽。
この辺の荷物は木曽に行ったら使うかな?と思って持ち帰りました。
今の仕事にまつわる話は木工を志す話にもつながるのでまたの機会に。

とりあえず、明日からお休みです。が、休み気分だとあっちゅーまに
日が過ぎそう。どんどん用事をこなしていかないとね。
まず、今週中にバイクを売ってしまおう!
さよーならー……  手放すの惜しいけど……
でも夫婦二人で車2台にバイク1台はさすがに多いよなあ……
またいつの日か再び!今度は大型!
すぽーつすたーがいいなあー。W650もいいなあー
きりがないのでこの辺で。
今日は有休を使って午後からお仕事はお休み。
退職前の年休消化ってネットとかでも検索できますが、
労働者の保証された権利であるし、どーーんと使っても
文句は言えない!とはいえ残務もあるし引継ぎもあるし…

辞めずに続ける人にとっては、「辞めるならさっさと辞めればいいのに」
という気持ちもあるでしょうし…。

自分で選んだとはいえ、4月から無職!お金がもらえて休めるうちに
準備することは山のようにあるのです。せっかくの機会使わないと
二度と使えないので休むのでした。。

今日はパスポートの更新。なんで無職になる人間がパスポート?
まあイロイロとね。 えへへへ
県の合同庁舎の駐車場にて発見
geep.jpg

三菱ジープの30系?
学生時代、これに乗ってる友人がいました(確か今も持ってるハズ)
サビもなく大事に使っている様子。
前の除雪マシーーンは取り外せるようだけど、これは特殊車両に
なるのかな?
そもそも普通は町役場とかで除雪車を持っていると思うのだけど。
これは除雪車では入っていけない所とかを除雪するのか?
わざわざこれを使う場所があるのか?
疑問はつきませんが、おそらく趣味でメンテナンスをしている
人がいるに違いない。
でも普通のトッラクとか使うより絶対格好いいよなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。